トルコリラのチャートの動きの予測方法

トルコリラのチャートの動きは、過去10年分のチャートを振り返ることで、ある程度は予測ができます。
2007年のあたりでは、92円くらいまでに価値が上がっていますが、リーマンショックが起きてからは一気にチャートが下降して、50円台まで下がりました。
その後は、チャートが上下を繰り返しながらも、徐々に下がってきています。2016年に入ってからも、1月時点では40円台だったものが、10月現在では33円台にまで下がっています。


トルコリラの過去のチャートの動きを見ていると、今後も下がり続けることが予測できます。
来年には20円台まで下がっていてもおかしくありません。

様々な産経デジタルが勢いに乗っています。

トルコリラは、スワップポイントが目当てで買い取り引きをする人が多いですが、過去10年のチャートを振り返ってみると、買い取引をすることにはリスクが高いということが予想できます。



スワップポイントによる利益をはるかに超える、損失が発生してしまう可能性もあります。
将来的に通貨の価値が上がるか、もしくは現在の基準を維持できるのであれば、スワップポイントを目当てでトルコリラを保有しておくことには価値がありますが、将来もずっと下がり続けるのであれば、損失のほうが上回る可能性もあります。



過去のチャートから動きを予測するなら、売り取引をすることが正解となりますので、スワップポイントが低い業者を選ぶことが重要になるでしょう。

売り取引をするのか、買い取引をするのかによって、FX業者を使い分けておきましょう。